So-net無料ブログ作成

5回目の月命日

ラッキーちゃんが2013年4月4日のお昼過ぎに旅立ってから、5回目の月命日がやってきました。
いまでも毎日、つい名前を呼んでしまいます。
ああ、頬ずりしたいなあ。そして、撫でたいっ・・・。



心臓病と戦ったラッキーちゃん。
最期の日、午前2:00頃に発作で倒れてから亡くなるまでの約半日だけは、本当に苦しそうでした。
前日夜までは、いつものように薬も飲んだし、食べるものもしっかりと食べていたのですが・・・。

その時のメモ。

* 4/3夜7時頃に久々の発作。すぐに回復し、服薬してからしっかり食べる。(犬用のかぼちゃのクッキー、心臓病用のドッグフードなど)
* いつも通りで夜遅くまで過ごす。
* 夜中の2時頃に突然発作で倒れる。短時間に2回目の大きな発作が起きたのはこれが初めて。正直もうダメかと思ったが、なんとか息を吹き返す。
*その後は、本当に 呼吸が苦しいらしく、目を見開き、空中を凝視した状態で、上をむいて息をしている。まばたきさえしない。その後はずっとこの状態のまま。母と共に、うとうとしながら見守る。
* 朝9時にとりあえず酸素ボンベを買いにアオキへ。でも、 マスク式の酸素ボンベで犬が拒否
* 開いたばかりの獣医さんに電話すると、たぶんもう限界だから覚悟するように、とのこと。酸素テントに入れると少しは本人がラクかもということだったので、即、酸素テント用の酸素濃縮器を借りる手配。
* その間、ラッキーちゃんは相変わらず目を見開いたまま上を向いて呼吸。途中でトイレだけでもと外に出すが、何もしない。突っ立ったまま。
・すぐに家に戻し、目を離した隙にいないと思ったら、いままで行ったこともない奥の部屋の床の間のたぬきの横にいた^^;。たぬきと一緒に置物化していたが、やはり、目を見開き、空中をみて上をむいて息をしている。
・じっとしていることはしんどいらしく、家じゅうをうろうろうろ。はあはあはあ。
・ 酸素濃縮器が来たらすぐにセットできるように、ゲージとビニール袋で酸素テントを作る。
・突然、立ったままの状態で大便をする(ラッキーちゃんが家の中で大をしたのは、これが最初で最後。昨夜はしっかり食べているので、しっかり出た^^;)
・ 酸素濃縮器が11:30頃に着く
・ 酸素テントをセットし、犬を入れる
・ラッキーちゃんは、 全力でテントから外へ出たがる。それでも中にいれば少しラクになるからと押し戻す。
・ 5分後位に一旦外へ出す(テント内の居心地をよくするために中を直そうと)
・2分後に振り返ったとき・・・既に事切れていた(12:50分頃)
・ 声をかけて触ると一瞬動いたが、たぶん死後硬直だった
・箱に寝かせ、命より大事にしていた「うさこ」、その他ぬいぐるみ一式、毛布、クッキーなどを一緒に入れる。
・借りたばかりの酸素濃縮器を、2時間も立たずに返却


たぶん、ラッキーちゃんにしてみれば、ずっと自由に歩き回っていたのに、突然ゲージの中に入れられたのが何よりも嫌だったのでしょう。
テントの外に出ようとして、全エネルギーを使い果たしたことは明白でした。
あるいは、酸素テントを用意する時期が遅すぎたのかもしれませんが・・・。
いずれにしても、最後の発作後の、あんな苦しそうなラッキーちゃんをあれ以上見続けることはできなかったと思います。


この時代、小型犬の10歳は若すぎる。

でも、しんどくなってから1年以上、獣医師さんも感心するくらい、十分に頑張りました。
歩く距離をどんどん短くして、最後は大半が抱っこの道のりになっても、散歩が大好きでした。
あーあ、またラッキーちゃんと散歩に行きたいなあ。

いつか、犬の方から私を見つけてくれるまでは、とうぶんはラッキーちゃんの思い出と一緒に過ごしますか。
いつでも帰っておいでね~。







posted by riku at nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 5

シェイマス

今は11月。もうラッキーちゃんがいなくなってから7ヶ月。
早いものだね・・・

そしてほんと小型犬の10歳って早すぎる・・・
でもりくちんとりくちんママとの10年間って、とても濃厚だったと思う。
毎日お散歩にも連れていってもらってたし・・・

きっとそのうちにりくちんたちを必要とするワンコが現れると思うよ。
あ、でも天国のラッキーちゃんが目を光らせてるかも・・・
確かやきもち焼きだったよね、ラッキーちゃん・・・

りくちん、がんばって最後のラッキーちゃんのことを書いてくれてありがとう!少し気持ちが落ち着いたんだね。
ラッキーちゃん、天国でうさこちゃんと思いっきり、がんばってください(?)

by シェイマス (2013-11-07 08:30) 

りく

シェイマスくん、おひさしぶり!

うん、まだいないことには慣れないっていうか、抱きつきたい衝動にかられることが多いなあ^^;。
私が家で仕事を初めてからは、もう24時間ずーっと一緒だったから、そりゃあ濃密で幸せな時間でした!感謝、感謝です。
今頃は、「うさこ」や先住犬のりくちゃんと一緒にのんびりしてるかな。

ここ数年は、日本でも保健所とボランティア団体などが連携したドッグレスキューが結構盛んになってきていて、田舎でもレスキューされた犬を引き取る里親さんも増えてきてるんです。
そういう犬の動向を見ながら、またご縁のある子が見つかるまではしばらくラッキーちゃんの思い出と過ごすことになりそうです。

シェイマスくんちの犬猫くんたちは、みんな元気にしてるかな。
いつも気にかけてくれてありがとう~
by りく (2013-11-07 23:34) 

シェイマス

ハロー。
そっか、家で仕事していてずっと一緒にいられたんだぁ~。
ほんとにラッキーちゃんはシアワセだったね~~~!!!
そしてりくちんもラッキーちゃんと思いっきり一緒にいられて良かったね!

やったぁ~、日本でもレスキューが盛んになってきているんだぁ~!!!
嬉しいなぁ~!
こちらではボランティアでレスキューされた犬の引き取り先が決まるまで、自宅で面倒をみる、という里親さんたちも多いんですよぉ~。
でも田舎にもらわれて行く子達ってシアワセだね!
りくちんとラッキーちゃんの散歩風景って素晴らしいもん~~~。

でもどこにもらわれていこうと、大事に愛してくれる家庭に行ければワンコたちはシアワセだよね!
じゃあ、そのうちそういう子と巡り会うことを祈ってます!

うちの子達は元気だよ!
チビは今お行儀クラス、上級コースを取っていて、明日は卒業式。
そして今までアメリカの純血種しかメンバーになれなかった、American Kennel Club (AKC)がなんと雑種を全てまとめてAll American Dogという犬種として認めてくれることになったんです。
AKCのイベントは純血種のドッグショーはもちろん、なんとお行儀を競うイベントやアジリティーもあるんです。
もちろん犬種別ですが・・・
だからチビもAll American Dog として登録して、12月のお行儀イベントに参加します!
この12月のイベント、今のクラスの全員が参加します。
みんなでイベントの前に練習とかする予定。
楽しみです!

マービンはお薬と食事療法でアルブミンがゆっくりながら増えてきています!足の浮腫も良くなってきています。
あ、この前チビのクラスで取ったクリスマスカードの撮影にもマービン参加しました。マービンが初級クラスを取ったのは一年も前で、その後ほとんどトレーニングしていなかったのに、ちゃんとじっとお座りできてました!この写真撮影は良くできてるエリートの子達だけお呼ばれされたのでした!もうとっても嬉しいです!

猫たちは相変わらずです・・・喧嘩してたり、もう食べたのに腹ペコのふりしてもっとご飯ねだったりとか・・・笑

それじゃあ、りくママと一緒にがんばってね!

by シェイマス (2013-11-08 13:29) 

riku

うんうん、最近はうちの田舎の方でもいわゆるレスキューされた犬を一時的に引き受ける「預かり」さんも出てきてます。
もちろん、家庭状況に併せて小型犬限定や犬種限定の人もいれば、ど田舎の一軒家だから野犬や状態の悪い野良犬専門(体表や体内の虫が全部いなくなるまで面倒みるらしい)っていう太っ腹の人までいるんですよ(笑)。

しっかりした団体だと、避妊も家庭犬としてのしつけも行ない、里親となる飼い主さんとは、お試し期間を設け、自宅確認し、最終的にはしっかり契約まで結んでます。
大したもんだと思います。そして、日々進化していてすごいなあ~。

シェイマスくんちの子たちも、元気そうでなによりです。特にマービンが良くなってきているのはいいね!

雑種の犬種登録なんてのも、さすがアメリカですねえ。ここらでも雑種は人気だけど、なんだか純血種×他種類の純血種っていう雑種なんだよね^^;(チワワ×ダックス、トイプードル×ポメラニアンなど)。ちょっと違うような?

ああ、やっぱり犬欲しいっ!!


by riku (2013-11-09 19:45) 

シェイマス

なんかりくちんはもう新しいワンコが来る準備はできてるみたい?
また良い子と巡り会えるといいね!
by シェイマス (2013-11-11 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。