So-net無料ブログ作成
検索選択

東京23区の衝撃 [日常生活]

今週はじめ、東京都心に雪が降りました。
うちの事務所は、赤坂にあります。サカスの裏手の坂の上。

そんな朝の、母(77歳)との会話。
(標準語に翻訳してお届けします)。


私: 今朝は雪だから、きっとみんな事務所に来ないよ。全員休みかも。

母: でも、ニュースだと雪が降ってるのは「東京23区」って言ってたよ。

私: うん。だから赤坂も雪。

母: 23区以外でも降ってるのかねえ?

私: さあ。とりあえず赤坂は港区だから、降ってるでしょ。

母: 港区も降ってるんなら、なんでニュースで23区だけ言うんだろうね。

私: あのお、港区も23区ですけど?

母: 港区は港区でしょ。23区っていうのは、どっか東京の外れの方の区のことだろ。

私: は?23区って、港区とか新宿区とか葛飾区とか、東京の区をひっくるめて言うんだけど?

母: そんなはずないよ。23区ってのは、東京に23番目にできた最後の区だよ。どこにあるかよく知らないけど、東京の外れの方だよ。

私: (あまりの驚きに声を失う)。

母: たしか、戦後にできた新しい区で、名前がなかったから数字にしたはず。

私: まさか77年間生きてて、東京にも何回も行ってて、ホントに今までそう思ってたのか!?

2015-12-30 19.35.21.jpg

結論からいうと、本当に今のいままで、23区という区があると信じていたらしい。
・その区の住所を書いた覚えがある、とか、
・23区が区名じゃないと成り立たないニュースが多々あったはずだ、とか、
・23区代表の議員がいた、とか、
だいぶ頑張って反論してくれました。


いやあ、久々の大ヒット。

母は、普通に商業高校を卒業し、大きい病院の事務職を経て
5年前までずっと食堂をやってました。
だから、一般常識はそれなりに有しているはず。

東京へも、銀座に初めてネオンが登場した昭和20年代から、何度も行っています。

それなのに、いったいどこで上記のような勘違いをしたのか?

いちおう23区の歴史を調べてみました。
戦後「東京市」の35区→23区になったという史実はあるが、
新しく23区ができたと間違えるような出来事はなにも見当たらない。

よくよく話を聞いてみると、本人が、なぜか最初から勝手にそう信じていただけらしい。
つまり子供の頃からの「思い込み」。
よくもまあ、いままで誰にも指摘されずに済んだものだ。
(気づいたのが私で良かったよ。)

まあ確かに、23区を、1つの区の名前と間違えていたところで、
特に理解できないニュースもなさそうである。
本人が困ることなど何もない。

以前、私が目黒区や品川区に住んでいたときに、
「23区に大雨警報・台風・地震」とかいうニュースがあっても、
彼女は目黒区じゃないから良かった、と思ってたんだなあ、きっと(苦笑)。


人間70歳を過ぎて気づく勘違いは、実はかなり多い。
ここ最近だけでも、いくつかあった。

・ランチを「昼ランチ」と言う。しかも、ちょっと高級なレストランや料亭で食べるものだと信じている。
(食堂をやっていながら、自分の出している「定食」はランチの範疇に入っていない)。

・団塊の世代の「塊」を「魂(たましい)」だと思っており、ずっと「だんこん」の世代と言っていた
(それ、音的にヤバイんですけど)

・「一目置く」を、「嫌なヤツだから距離をおいて接する」という意味で使用していた。
つまり、50年以上に渡って、本人はある人物のことを「腹に一物を抱える嫌な奴なので気をつけろ」、と第三者に忠告しているつもりだったのに、「あの人には一目置いてるのよ」と言っているので、実はその人を50年間褒め続けていた。 
※これに関しては、何度説明しても、本人は未だに腑に落ちないようであるが・・・


これって、明日は我が身。
私も気をつけねば。
思い込み厳禁。曖昧なことは調べよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。