So-net無料ブログ作成
ハナ御殿 ブログトップ

主役紹介 [ハナ御殿]

これからはじまる(予定の)新シリーズの主役、野良猫ハナちゃんです。

hana-01.jpg

えっと、これは初めて家の中に入ってきたときのもの。
最初に見かけてから半年以上経過した後のことでした。
なかなか慎重なヤツです。

そして、これが最後の「無傷」の写真でもあります。
この後、ケンカして、ケンカして、またケンカして、
さらにはエサ(?)にも抵抗されたりして、
顔じゅう傷だらけのハナちゃんになりましたから・・・^^;

[猫]プロフィール

名前: 野良猫ハナちゃん (オス、2歳半くらい?)

名前の由来: 
いつから来たかわかるようにNHKの朝ドラから命名。
最初に見かけた頃は2014年5月で、そのときの朝ドラが「花子とアン」だった。
遠目にしか見られなかったので、オスかメスかわからず。
でも、純日本風の茶トラ猫だし、「アン」っていう雰囲気ではなかったので、
花子→ハナになった。

性格:
慎重
甘ったれ
外の世界が命 (まず、出口確保!)
たいへん賢い (但し、ラッキーちゃんとの比較による)

特技:
ねずみの捕獲
これまでの最高記録→ 9 匹/月
※但し、家に連れ帰ったものに限る。外で行われている殺戮については、知る由もない。


[るんるん]馴れ初め[るんるん]

ラッキーちゃんが旅立って約1年が経過したころ、
ヒマを持て余していた母が、早春の晴れた日に、
裏庭にある、樹齢約100年の金木犀を訪れるヒヨドリのつがいに
なぜか突然、エサ(パンとりんご)をやりはじめた。
※食パンが余っていて、古くなっていたからね。

が、
ヒヨドリがそれを食べたのは、たぶん数日。
すぐにカラスに取って代わられた。

カラスは賢くて、
エサがもらえると知ると、毎日通ってくる。
数日見ていると、
それはそれで可愛らしいらしく、
途切れることなくエサやりが続いた。
※まあ、近所からクレームがくる環境ではなかったのが幸いである。

カラスの天下が約2週間ほども続いただろうか。
ある日、ふとエサ場(といっても庭の石の上だが)に目をやると、
茶トラの若猫(のちのハナちゃん)が一心にパンを食べている。
が、扉を開けると一目散に逃げ出していった。

それからしばらくは、
カラスvs若猫の戦いが・・・^^;。

カラスも2-3羽で協力(?)して善戦したが、
結局は猫が勝利を収めた。

まあ、エサの内容が猫よりに変ったことも原因だろう。
母とて、やはりカラスよりは猫の方が可愛かったらしい。

とはいえ、我が家は半世紀以上に渡って「犬飼い一筋」の家である。
従って、この時点では、
・猫は一般的にパンを食べない、とか、
・牛乳を飲める子は限られている、とか、
という知識はまったくなく、
テキトーに煮干とか、牛乳とか、鶏肉とかを置いていた。
※カラスにとって、鶏肉はやはり共食いになるのでさすがに食べるのを避けたのではないか、と想像している。

さて、この後、ハナちゃんが、このまま順調に我が家に馴れていって、
半ノラとして居着いたかというと、さにあらず。
ノラの若猫には、まだまだ試錬が待っているのである。

この続きはまた次回~!(← いつ?)










nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ハナ御殿 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。