So-net無料ブログ作成
検索選択

めまい [病気]

2011年12月は、妙に病づいた月であった。

まずは、暮れも押し迫った12/22に、私自身が世界がぐるぐる回るめまいに襲われダウン。
終日吐き気に襲われ何もできなかった。

低血圧の症状なら、通常は低いところから急に立ち上がった時などに起きるし、回転性のめまいではなく、立ち眩みである。
これなら、小学生の頃から慣れ親しんでいる(万年低血圧なので^^;)。

しかし、今回の症状は、布団に横になった時や、寝返りを打ったときに突然起きる。
そして、本当に世界中が「ぐるぐる回る」。
元来、たいへんに三半規管の弱い私。アリスのティーカップに乗るたびに、トイレに駆け込むほどである。
3D映画を3Dで見たら、絶対に酔う自信がある。
従って、ここまでぐるぐる回った日には、終日ゴミ箱を抱え、トイレに走らねばならない(涙)。
すぐに治ればよかったのだが、週末を経てもまだぐるぐるするので、諦めて病院に行った。

◆ 病院にて

メガネの度数測定を除けば、病院というところには十数年行っていない。
初めての総合病院。
何科に行けばいいか不明だったので、受付で看護師に問い合わせてもらい、耳鼻科へ。
そこで、まずは複数の検査に回された。

・耳のレントゲン
・平衡機能検査
・重心動揺計
・聴力検査

そして、2時間ほど待ってようやく診察。
問診の後、医師が私の目に拡大鏡を押し当てて、診察椅子を寝かせるように倒して一言
「あ~本当に回ってますね~」
って、おいっ。(^_^;)。
「椅子を戻しますよ~。そうすると反対側に回るはずです・・・あ、こっちは少ないですね、ぐるぐる」。

ってことは、本当に目の玉が回っているんですね~。
これってたぶん、すごーく当たり前のことなのでしょうが、私は内心けっこう驚きました。

で、医師が自信満々で下した診断が、「良性発作性頭位めまい」。
※病気の詳細は こちら

そしてこう仰る。
「最近、この年令の女性に多いんですよね~」 

が~ん。

「2週間ほどで治ると思いますが、いちおうめまいが軽くなるお薬出しておきますね~」

あの~、先生。
冒頭に受けた複数の検査の結果とかは・・・?

「あ~、何の問題もありませんよ。基本的には運動不足が原因ですから、耳石が偏らないように上半身を頻繁に揺らすようにしてくださいね~」

といって、まるでロッキングチェアで揺らすような格好をなさる。
そうか、そういう運動(?)でいいのか。。。

で、めまいを軽くするために処方してもらった内服薬:
①メリスロン錠 (6mg x 3)
②セファドール錠 (25mg x 3)


◆ 回復まで

とりあえず、処方された内服薬をその日の昼と夜に飲んでみたが、とくに改善は見られず。
むしろ、よりぼーっとしてしまう。(それは個人の問題か・苦笑)

そこで、幸い病名がわかったのでネット検索。
そしたら、エプリー法とやらが良いらしい。
↑のリンクにもやり方が書いてあるが、絵ではどうもわかりにくい。
と、思っていたら、ちゃんと動画があるじゃん。



これ、見た目はラクそうなのですが、実は最初の段階がちょっとつらい。
わざとめまいを起こさせるので、かなりのぐるぐるに一旦耐えないとならないんです。
でも、なんとこの方法を1回やっただけで、めまい解消!

な~んだ、こんなに簡単だったのかっ!
(↑ これはもちろん、病名がわかったから言えることなんだけどね~^^;)

再発する可能性も大いにありそうなので、その場合はまずこれを試してみようっと。


※同じような回転性めまいでも、いろんな原因があるそうなので、むやみに試したりしないでくださいね~。


さて、私の病は幸い良性ですぐに回復したわけですが、問題はラッキーちゃん。
心臓病(心臓弁膜症)で安静第一を言い渡されてしまいました。
詳細は・・・たぶん後日。



みょうが [日常生活]

晩夏~秋にかけて、今年は「みょうが」が豊作だった。
豊作と言っても、別に何か手入れをして育てているわけではなく、裏庭(っていうか、裏の荒地)で勝手に育っているのであるが・・・。



写真だといまいち量がピンとこないが、1ざるに300~400個くらい入っている。
これが3週間くらいの間に8~10ざるくらい収穫できた。

尤も、母に言わせると、適度に草刈りをしないとこれほど良くは育たないそうである。
つまり、「母のおかげで」この大量のみょうがが収穫できたというわけである。
おかあさん、ありがとう。
でも、我が家では、味噌汁に入れるか、せいぜいで味噌であえる程度で、ぜんぜん消費できないんですけど~。

ところが幸い、これを好物とする親戚や友人が何人かいたので、バケツ1杯単位で配りまくった。
まとめて酢漬けや味噌漬けにされたり、そのまま店頭で販売されたり(親戚には八百屋さんがいる)、天ぷらにしてお店に出されたり(親戚には食堂屋さんもいる)して、順調に食されたようだ。

それでも我が家に残ったものは、生のままひたすら千切りにして冷凍庫で冷凍させて保存。
長期間保存できて、すぐに柔らかくなるので、結構便利。
とはいえ、決して広くない冷凍庫の大半を占拠されたのではたまらないので、そろそろ世間からみょうがの姿が消えた今日この頃、再び親戚に配りました。
例えばワタリガニの足の味噌汁にぱっと散らすと、大変においしいそうで(親戚には海産物問屋がいる)、再び喜ばれて良かった~。

ところで、この「みょうが」。日本で好まれる香草であるが、実は何の栄養もないらしい(^_^;)。
そして、ご存知のとおり「食べると物忘れがひどくなる」と言われている。
こちらに関しては何ら科学的根拠はないらしいが、我が家では十分に実証されている。
このところ、母も私も「物忘れ」が激しいことと言ったらない。

人の名前が出てこないことは日常茶飯事。
今見たTV番組のあらすじが言えなかったり、きょう食べた献立が思い出せなかったり(母)。
どこに何を置いたかを記憶していないで、出かけるときに探しまわる(私)。
2~3年前の仕事での出来事なんて、すっかりさっぱり忘れている(もちろん私)。
漢字は書けないし、英単語も出てこない。従ってパソコンかiPhoneがなければ文章が書けない!(私)。

結論。
来年はみょうがを収穫することはやめよう。
だから、草刈りなどしてはならない!
万一収穫できた場合は、そのすべてを人に配ろう!!


ちなみに、ラッキーちゃんは「みょうが」を食べない。
だからきっと、我が家で一番賢いはず!である。





新聞配達考 [散歩]



今年の夏は早かった。

6月末からすでに猛暑。

したがって、ラッキーちゃんのお散歩も、
6月最終週からAM4:30~5:30にシフト。

その結果、普段は目にしない光景を見ることができた。
それが、新聞配達員のみなさまである。

ここらの主要三大新聞といえば、①富山新聞 ②北日本新聞 ③読売新聞 というところか。
それぞれ①地元のローカル新聞、②ローカルのさらにローカルを追求した回覧板新聞、③いちおう全国紙である。

で、各紙の配達員のみなさまはというと・・・、

①70歳代のご夫婦。夫君は肩と腰を痛めているため、配達時に車を運転することはできるが、乗降の繰り返しは無理。そのため、乗降を繰り返しながら新聞を配達するのは助手席にいる奥様の役目。
二人三脚の配達。
配達時間は早く、AM3:00頃。

②なんと、80歳を超えたご婦人が、10-20部ほどの新聞を両手で抱えながら、歩いて配達。なんだかご近所を一軒一軒訪問するような感じで、ゆったりと配達していらっしゃいます。
こちらはなかなか良家のご出身らしく、必ずブラウスにスカートで、上品な銀髪のショートカット。
配達時間はAM5:00以降でしょうか。

③70歳の未亡人。電動自転車で颯爽と風を切りながら駆け抜ける様は爽やかで、フットワーク抜群。
ところが一旦自転車を降りると、腰が90度に曲がった状態で、いわゆるオランウータン歩き。ポストの口に新聞を入れるには、背伸びをする必要があります。
配達時間はAM4:00~。


そりゃあ、ここらの配達区域にはマンションやアパートはなく、すべて1階にあるポストへの配達でOKではあります。
それに、例えば②のご婦人は、おそらく1つの地域だけ、せいぜいで50部程度の配達なのかもしれません。

でもねえ、夏はいいけど、冬は?
雪道の自転車はきついよ~。

車で配達しているご夫婦は、配達範囲が広くて、きつい山道のある山間部もカバー。
坂道の傾斜は半端ではなく、これまた冬は車では登れず、徒歩になることも。

みなさま、すでにン十年という単位で配達を続けている人ばかりのようではありますが、
このままでいいんだろうか?
と、漠然と思った。

都会の(いや、そんなに都会じゃなくても)新聞配達といえば、学生~中年層が多いような気がするが・・・
新聞配達員の募集要項をググってみると、18~40歳が一番多いようだし。

でも、田舎はどこも、高齢化が進んでいるのでしょうか?

まあ、実際にいままで、一度も配達が滞ったことはないわけで、
具体的な問題が生じているわけでもないけどね。



それにもちろん、私にやれと言われてもできませんし・・・(^_^;)



★おまけ

水を飲む犬。ただ、それだけ。
室内犬を飼っている人には日常的な風景ですが、
犬を飼っていない人には、
「おすわりして水を飲むなんて、なんてお行儀がいい!」と、
割とウケます(苦笑)。


寝姿 [日常生活]

犬の正しい寝姿。
最近、それがわからん。
だっていつみても、こんな感じ。

パターン1:手近にある材料で枕を作って寝る。



パターン2:死んだように寝る。




パターン3:うさこと寝る



これがまだ普通?



「文句ある?」



寝る子は育つ。
まあ、寝るだけ寝て、長生きしてくれればそれでいいのです (by 大甘飼い主)。

現在8歳。

先日獣医さんにフィラリアのクスリをもらいに連れて行ったら、なんと1年前より約500gも増加していた。 そういえば、ドライフードをロイヤルカナンに変えてから、食欲旺盛。(いままでドライは殆ど食べず、食べるとお腹を壊していたのだが、これに変えてから便通も順調♪) 至って元気!

それに、500gなんて大したことないと思うでしょ。
でもね、私の体重の1/10のサイズだから、私に換算すると約5kgも太ったことになるのだ![がく~(落胆した顔)]

しかも、先生はなんと心臓弁膜症のケがあると仰る。
※ちょうど、ラッキーちゃんの前に診察していた豆柴くん11歳がこの病気だったので、親切な獣医さんがついでに聴診器当てて診察してくれたのである。

小型犬の老犬にはよく見られる症状らしいが、やはりそれは良くない(あたりまえ)。
でも、毎日とっても元気なので、どうも納得できない。

そこで、
「毎日30分~1時間×2回、平気で散歩するのに、心臓病ですか?」
と聞くと

「散歩時間を半分に減らして、ダイエット!」
と即答された (^_^;)。

そこで、
「では、明日から飼い主と一緒にダイエットします!」 と仕方なく答えると、

「あら、飼い主さんは、ぜんぜんダイエットの必要がないじゃない。」 と先生。

そうですよね!ありがとございます~♪

あれ?
なにか間違ってるような?

こほん。
いずれにしても、現在、ラッキーちゃん「は」、絶賛ダイエット中!なのでありました。

ねこ [散歩]

三寒四温の日々。
夜に雪が降り、早朝には氷が張る。
しかし、朝も9時を過ぎる頃には、暖かな春の日差しが降り注ぐ。
季節は確実に春。

陽だまりで寝るに限る・・・^^;

画像 003.jpg


以前この記事で紹介した猫屋敷。週に2回くらい、この猫屋敷の脇を散歩で通るのですが、先週、すご~く好奇心旺盛な子猫に遭遇。

ラッキーちゃんが、猫屋敷の前で用を足していると(大です~^^;)、ゆっくりゆっくり音もなく近寄ってくる茶色の若い猫。知らないうちにラッキーちゃんの背後10cmくらいの近さまで寄ってきていた。
用を足し終わって、おもむろに振り返ったラッキーちゃんはびっくり仰天!
大ジャンプで飛び退りました(苦笑)。

で、この猫がどこまでもラッキーちゃんを追いかけてくる。
どうやら、ラッキーちゃんのふかふかの毛皮にスリスリしたいらしく、隙を見てはにじり寄ってくる。
猫になつかれた経験なぞないラッキーちゃんは、その積極果敢な攻撃に、たじたじ。
仕方がないので、最後は抱っこで救出(^_^;)。

ところがどっこい、猫は私に(を?)登ってくるではないか!
救出は諦めて、再び犬を地面に降ろし、後はダッシュで逃げるのみ。
猫は、猫屋敷から500mくらい離れるとピタっと止まり、そこから先には来ませんでした。

こんなことがさらにもう1回あり、ラッキーちゃんはきっともうあの道は通るまい、と思っていたら、
むしろ本人は、どうしても猫屋敷に行きたい様子。
へ?
実はあの猫が気に入ったのか?
猫にはバカにされることはあっても、好かれることはなかったから、嬉しいとか??

で、今朝もまた、例の猫ちゃんが現れました。
せっかくのいい天気だから、この様子を撮影してやろうとiPhoneを構えたその時、
私の手を離れたリードが地面にポトリ。

以下の様子は動画でどうぞ~。



こちらは、kaychanが楽しい曲をつけてくれたバージョンです。ありがとう~♪



この後は、ひたすらスリスリ攻撃。
そして、猫屋敷から500mほど離れるとピタリと止まり、そこから先には着いてきませんでした。

ラッキーちゃんは、なぜ来ないのかと促すそぶり。(おいおい・・・^^;)
ついには、自から猫の行動範囲内に戻って行こうとするではないか!

どうやらかなりお気に召したらしい。。
それは・・・困る~。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。